作者別: SNYM7qXWTH

売ったときに返ってくる?リサイクル料金について

中古車のリサイクル料金

自動車のダッシュボードを開けてみれば書類一式の中に入っているリサイクル券、気になる方もいるでしょう。

これは車両購入時に一緒についてくるもので、要は廃車にかかる費用の先払いシステムのようなものです。

以前は車を処理する際に業者が一部の環境に有害とされるパーツの処理を怠り不法投棄するケースが多くあり、問題となりました。

これを受けて政府は環境問題への配慮から自動車リサイクル法を制定しました。

ここで決まった話で、車を購入時に購入者は車体購入価格に上乗せしてリサイクル料金を支払う決まりとなっています。

リサイクル料金が対応しているのは車両に使われる「シュレッダーダストやフロン類」などの環境に有害とされるものに限ります。

そのため廃車時はリサイクル料金とは別に解体費用や登録抹消手数料が必要になります。

リサイクル料金はどれくらい?

リサイクル料金は車種毎に異なりますので、詳しくは自身が所有する車両のメーカーに問い合わせるかHPなどで調べるといいでしょう。

ですが、目安としておおよその料金を示しておくと、「軽・小型乗用車で7千円から1万6千円ほど」「普通乗用車で1万円から1万8千円ほど」「中・大型トラックで1万円から1万5千円ほど」「バス4万円から6万円ほど」となっています。

中古車売却時には返ってくる

リサイクル料金は車両購入者が支払うシステムなのですが、そうなると最初に買った人だけが支払い損をしてしまうのではないかと思う方もいるでしょう。

ですが、リサイクル料金は現在所有している人にかかってきますので、中古車として売却した際は次の人にその役割が受け渡されることとなります。

つまり、現在の所有者は車両を売却する際に次の所有者から車両売却料金とは別にリサイクル料金を受け取ることができます。

ですので中古車売却時には車両売却価格とは別にリサイクル料金が支払われているかを確認しておく必要があります。

Categories: お金について

買取業者に中古車売却してもらう時に提出しなければいけない5つの必要書類

中古車を売却する時はディーラーに下取りしてもらうより買取業者に買い取ってもらった方が高額になると言われています。

それで新車を購入する時の資金に充てるために中古車を買取業者に売却する事になりますが、提出しなければいけない書類があるので準備する必要があります。

そこで中古車を買取業者に売却する時にに提出しなければいけない書類を確認していきましょう。

自動車検査証

車の戸籍謄本で運転している時は常に車の中に保管しておかなければいけない書類になります。

基本的に車の中に保管してあるので準備するのに手間はかかりませんが、万が一紛失してしまった時は運輸支局で再発行してもらう事が出来ます。

自動車税納税証明書

車を所有していると自動車税を納付しなければいけませんが、その自動車税を納付したという証明書になります。

自動車税は毎年5月末までが納付期限となっているので車を買取業者に買取に出す時はしっかり納付して分かりやすい場所に保管しておくようにしましょう。

万が一紛失してしまった時は税事務所で再発行してもらう事が出来ます。

自賠責保険証

車を所有する時にかならず加入しなければいけない保険が自賠責保険でその証明書となります。

車検を受けるごとに次回の車検の時までの加入手続きを行った時に発行してもらえるので自動車検査証と一緒に保管しておきましょう。

万が一紛失してしまった時は保険会社で再発行してもらう事が出来ます。

リサイクル券

自動車リサイクル法という法律があるのでリサイクル料金が支払われていて証明する書類になります。

自動車検査証と一緒に保管しておくのがベストですが、万が一紛失してしまった時は自動車リサイクルシステムのホームページで印刷する事が出来ます。

印鑑証明書

車の買取手続きをする時は実印が必要になりますが、その実印が確かなものだと証明する書類になります。

車を買取してもらう時は発行日から3カ月以内の印鑑証明書が必要になってくるので車を買取してもらうと決めた時に発行してもらう方がいいです。

また実印も必要になってくるのでしっかり準備しておきましょう。

Categories: 中古車売却までの流れ

中古車売却の際に気を付けたい注意点について

車を手放すときには一回は「良い値段で売りたい」とか「足元を見られないか不安」などと思ったりするものですよね。

確かにせっかくの愛車を売却するのですから、それなりの値段で売りたいですし、買取業者とも円満に取引したいものですよね。

しかし現実問題としてなかなか中古車売却というのは上手く行かないものです。

というのも中古車を売却する方に圧倒的に知識が不足しており、逆に買取業者は知識が豊富ですのでなかなかこちらの思い通りには行かないものです。

しかし中古車を売却する際の注意点について学んでいけば、少なくとも大きな損をすることはなくなっていきます。

中古車売却には色々な注意点があり、それを勉強することで中古車を売却する際に役立ててみてはどうでしょうか。

まず中古車売却の注意点としては、見積もりについての事です。

大抵損をしてしまう人というのは見積もりが甘く、1社か2社程度の買取業者としか見積もり比較していないケースが多いのです。

見積もりを出す際には最低でも3社と比較することが重要で、これにより大体のご自身の車の相場が分かってくるのです。

また業者比較で業者の得意分野が分かってくることもあり、軽自動車の分野が得意なのかセダン型が得意なのか判別することが可能となるのです。

そして気になる金額交渉についてですが、こちらからは何もしないように注意しましょう。

基本的に交渉しようがしまいが、査定額は大きく変わりません。

中古車を売却する側が伝えることといえば見積もり比較している事を言えばいいだけです。

中には「どこへ行っても同じ査定額だ」という業者もいますが、いわゆるセールストークであり見積もり比較すれば優良業者は判別できますので、金額交渉は徒労に終わる可能性が高いので必要ありません。

また中古車売却時に注意することには売却後の事も含まれています。

売却後に故障が見つかり、査定額より低い金額しか振り込まれなかったなどのケースは比較的多いのです。

ですので売却時には「売却後に査定額が変更されない旨」の確認をしておくようにしましょう。

契約書などにも売却後に査定額の変更がないかどうかチェックする必要があります。

このように中古車売却には色々な注意点が存在していますので、あまり焦らずに時間をかけて売却するのが賢明といえるでしょう。

Categories: 気を付けること