中古車を売却する時はディーラーに下取りしてもらうより買取業者に買い取ってもらった方が高額になると言われています。

それで新車を購入する時の資金に充てるために中古車を買取業者に売却する事になりますが、提出しなければいけない書類があるので準備する必要があります。

そこで中古車を買取業者に売却する時にに提出しなければいけない書類を確認していきましょう。

自動車検査証

車の戸籍謄本で運転している時は常に車の中に保管しておかなければいけない書類になります。

基本的に車の中に保管してあるので準備するのに手間はかかりませんが、万が一紛失してしまった時は運輸支局で再発行してもらう事が出来ます。

自動車税納税証明書

車を所有していると自動車税を納付しなければいけませんが、その自動車税を納付したという証明書になります。

自動車税は毎年5月末までが納付期限となっているので車を買取業者に買取に出す時はしっかり納付して分かりやすい場所に保管しておくようにしましょう。

万が一紛失してしまった時は税事務所で再発行してもらう事が出来ます。

自賠責保険証

車を所有する時にかならず加入しなければいけない保険が自賠責保険でその証明書となります。

車検を受けるごとに次回の車検の時までの加入手続きを行った時に発行してもらえるので自動車検査証と一緒に保管しておきましょう。

万が一紛失してしまった時は保険会社で再発行してもらう事が出来ます。

リサイクル券

自動車リサイクル法という法律があるのでリサイクル料金が支払われていて証明する書類になります。

自動車検査証と一緒に保管しておくのがベストですが、万が一紛失してしまった時は自動車リサイクルシステムのホームページで印刷する事が出来ます。

印鑑証明書

車の買取手続きをする時は実印が必要になりますが、その実印が確かなものだと証明する書類になります。

車を買取してもらう時は発行日から3カ月以内の印鑑証明書が必要になってくるので車を買取してもらうと決めた時に発行してもらう方がいいです。

また実印も必要になってくるのでしっかり準備しておきましょう。