中古車のリサイクル料金

自動車のダッシュボードを開けてみれば書類一式の中に入っているリサイクル券、気になる方もいるでしょう。

これは車両購入時に一緒についてくるもので、要は廃車にかかる費用の先払いシステムのようなものです。

以前は車を処理する際に業者が一部の環境に有害とされるパーツの処理を怠り不法投棄するケースが多くあり、問題となりました。

これを受けて政府は環境問題への配慮から自動車リサイクル法を制定しました。

ここで決まった話で、車を購入時に購入者は車体購入価格に上乗せしてリサイクル料金を支払う決まりとなっています。

リサイクル料金が対応しているのは車両に使われる「シュレッダーダストやフロン類」などの環境に有害とされるものに限ります。

そのため廃車時はリサイクル料金とは別に解体費用や登録抹消手数料が必要になります。

リサイクル料金はどれくらい?

リサイクル料金は車種毎に異なりますので、詳しくは自身が所有する車両のメーカーに問い合わせるかHPなどで調べるといいでしょう。

ですが、目安としておおよその料金を示しておくと、「軽・小型乗用車で7千円から1万6千円ほど」「普通乗用車で1万円から1万8千円ほど」「中・大型トラックで1万円から1万5千円ほど」「バス4万円から6万円ほど」となっています。

中古車売却時には返ってくる

リサイクル料金は車両購入者が支払うシステムなのですが、そうなると最初に買った人だけが支払い損をしてしまうのではないかと思う方もいるでしょう。

ですが、リサイクル料金は現在所有している人にかかってきますので、中古車として売却した際は次の人にその役割が受け渡されることとなります。

つまり、現在の所有者は車両を売却する際に次の所有者から車両売却料金とは別にリサイクル料金を受け取ることができます。

ですので中古車売却時には車両売却価格とは別にリサイクル料金が支払われているかを確認しておく必要があります。